顔の毛を薄くする3つの方法

「顔の毛を薄くしたい!」と悩んでいる人も多いはず。

  • 昔から毛深い体質で悩んでいる
  • 昔よりも顔の毛が濃くなった
  • 顔の毛を処理するのが面倒くさい

そんな顔の毛に関する悩みを、簡単に解決できる方法があります。

【半年~1年かけて顔の毛を薄くしたい人】
「生活改善」で根本から体質を変えるがオススメ【手早く顔の毛を薄くしたい人】
「抑毛クリーム」や「脱毛」がオススメ

今回は顔の毛を薄くする3つの方法をご紹介します。

顔の毛を薄くする方法その1:生活改善を行う

私達の体毛は女性ホルモンの働きによって、毛の発育を促す男性ホルモンを抑えています。

生活習慣が乱れて女性ホルモンが減ると、男性ホルモンの働きが活発になり体毛が濃くなります。

つまり、顔の毛を薄くしたいなら女性ホルモンを増やすのが効果的です。

体毛は性に関するホルモンと関係しています。性ホルモンというと、女性ホルモンと男性ホルモンがありますが、体毛の濃さは、男性ホルモンのテストステロンと深くかかわっているんです。実は、女性の体でも男性ホルモンが作られていることを知っていますか? 量は男性に比べて少ないのですが、女性でも男性ホルモンは持っているんです。
体毛の中でも、男性毛といわれるヒゲや胸毛、お腹の毛や背中の毛などは、男性ホルモンの影響を受けやすいため、女性でも何らかの影響でバランスが崩れて男性ホルモンがこれまでより多くなると、男性ホルモンの影響を受けやすい毛が濃くなることがあるのです。
参考サイト:マイナビウーマン「女性なのに体毛が濃いのはなぜ?女医に聞く「毛深い女性」の原因と対策」

女性ホルモンを増やすには生活改善が重要なポイントになります。

でも、生活改善によって女性ホルモンが増えるまで約半年と時間がかかります。

長い目で見ながら、以下の6つに気をつけて生活してみましょう。

食事に気をつけて女性ホルモンの分泌を促す

  • 日々の生活が忙しくて、食事の回数や時間がバラバラになっていませんか?
  • コンビニ弁当や外食で済ませていませんか?
  • タンパク質に偏った食生活をしていませんか?

食事は女性ホルモンの分泌を促す大切な習慣です。

女性ホルモンを増やす成分を含む食品もあるので、積極的にバランスよく摂取しましょう。

成分食品
タンパク質魚・肉・チーズ・卵・大豆(豆乳・豆腐など)
鉄分レバー・ひじき・ナッツ類・ドライフルーツ・赤身肉
ビタミンEアーモンド・アボガドロ・かぼちゃ・なたね油

また、食品添加物は肝臓を疲れさせ、ホルモンバランスを乱します。

食品を買う時は「添加物表示」を見るようにしましょう。

もし添加物に「保存料」「着色料」「乳化剤」「酸化防腐剤」などが含まれていたら、なるべく避けるのがオススメです。

【食品添加物が多く含まれている食品】

  • コンビニ弁当
  • 外食の食事
  • お菓子
  • ソフトドリンク(ペットボトル飲料)
  • スーパーのお惣菜
  • ファーストフード

とはいえ、忙しくて自炊なんて無理だし、外食やお惣菜に頼ってしまう人も多いはず。

そういう場合は、よくかんで食べると良いでしょう。

よく噛むことで唾液がたくさん出るので、添加物に含まれている有毒な物質を無毒化することができます。

さらに、よく噛むことで自律神経を活発化させてカロリーが体温として消費されるため、ダイエット効果も期待できます。

また、唾液には「パロチン」というホルモンが肌のシミ・シワ改善をサポートしてくれるため、若々しさを保つことが出来ます。

もちろん、添加物を含む食品を食べるとき以外でも、よく噛んで食べて添加物の毒消しを心がけましょう。

ストレスを溜めない

ホルモンバランスを崩す最大の原因がストレスです。

できればストレスを溜めないように生活を送るのが良いですが・・・。

正直、ストレス社会と言われている現代には無理な話ですよね。

「ストレスを溜めないで生きる」と考えれば考える程、返ってストレスになります。

生きている限りはストレスが溜まるのは仕方がないことです。

そこで、ストレスをどう解消していくかに意識してみるのが良いでしょう。

  • 1日15分だけ何も考えないようにする
  • 休日は自分の好きな趣味を思いっきり楽しむ
  • 休憩時間は気持ちを切り替える
  • 自分の好きなことを楽しむ計画を立てる

ストレスを解消しようと無理に思わなくても良いですよ。

テンションが上がるだけでも、女性ホルモンの分泌を促す動きもありますからね。

女性ホルモンを活性化させるポイントは、上手にストレス解消できること。

ストレスを溜め込まないと思わずに、女性らしく生きることを考えてみると良いでしょう。

睡眠時間の確保と質を上げる

女性ホルモンの分泌は夜の寝ている間に行われます。

だから、夜はしっかり眠て日中は元気に活動することを心がけてください。

規則正しい生活がかけていると、ホルモン分泌を制御している脳も正常に働くことができません。

ホルモンバランスが整わないと、判断力が低下して自律神経もうまく働けませんからね。

最低限、守るべきポイントは以下の通りです。

  • 毎日できるだけ最低6時間以上の睡眠をとる
  • 同じ時間に寝て同じ時間に起きることを意識する
  • 毎日最低15分くらいは太陽の光を浴びる
  • 夕方17時以降は仮眠を取らない
  • 就寝1時間前までに入浴を済ませる
  • 就寝1時間前はスマホ・PC・テレビをOFFにする
  • 就寝前は部屋を暗くして音楽をかけたりストレッチをしてリラックスする
  • 朝日を浴びて起きる

忙しくてそんな生活は無理!という方は、休日に寝だめして睡眠時間の帳尻を合わせても良いでしょう。

また、疲労感は自分では感じにくいもので、知らず知らずのうちに疲れは蓄積されていきます。

自分は大丈夫だからと気張らずに、自分なりに工夫して生活習慣を整えていきましょう。

適度な運動をする

運動をすると自律神経が活性化されて、ホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できます。

普段の生活で体を動かす機会を増やしてみるのも良いでしょう。

例えば、「近所をウォーキングする」「エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使う」「ストレッチで筋肉を伸ばす」など。

無理に運動を始めなくても、今の生活をちょっとだけ変えるだけで十分に運動することができますよ。

タバコの喫煙・お酒の飲酒を止める

タバコの喫煙やお酒の飲酒は女性ホルモンを減少させ、体毛を濃くする原因です。

特に喫煙は女性ホルモンを分解し、分泌の阻害もします。

また、タバコを吸うと血行が悪くなり、女性ホルモンが分泌する卵巣の働きも低下します。

喫煙習慣がある人は、禁煙がオススメです。

過度なダイエットはしない

脂肪はダイエットの天敵!と考えていませんか?

実は脂肪は女性ホルモンの原料なので、急激に減らすと体内ホルモンを作る量が少なくなります。

だから過度なダイエットはホルモンバランスの乱れを引き起こします。

ダイエットで体を絞れる反面、男性ホルモンが活発になり、体毛が濃くなってしまう人も多くいらっしゃいます。

無理なダイエットはせずに、規則正しい生活習慣と食生活で健康的なダイエットをしましょう。

参考URL:「健康的なダイエット:適切な体重管理で、健康づくりをしよう!(厚生労働省)」

UVケアを丁寧に行う

顔の産毛は肌に受けるストレスが多いほど増えてしまう傾向にあります。

肌に受けるストレスが多ければ多いほど、顔の産毛が濃くなることにつながります。

肌へのストレスを防ぐためには、肌を優しく丁寧に扱うことが大切です。

  • 丁寧にUVケアをする
  • 肌が持つバリア機能を保つために、保湿重視のスキンケアをする
  • 肌に大きな負担がかかるカミソリを使うのを辞める
  • 肌に優しい除毛クリームを使って顔の産毛を処理する

身体に受けるストレスやホルモンバランスの崩れだけでなく、肌に受けるストレスにも注目しましょう。

実は自分が無意識に行っているケアも、実は肌にダメージを与えている場合もあります。

顔の産毛が気になるのなら、自分のスキンケアのやり方を見直してみるのも効果のある対策になります。

顔の毛を薄くする方法その2:抑毛クリームを使う

手早くお金をかけずに顔の毛を薄くしたいなら、抑毛クリームがオススメです。

抑毛クリームには「大豆イソフラボン」が含まれているから、体毛を薄くする効果があります。

【大豆イソフラボンの効果】

  • 女性ホルモンに似た働きをし、体毛が生えるのを抑えてくれる
  • 小学生の子供でも使えるくらい肌にも優しい
  • 肌のコラーゲンを増やしてハリを保つ美肌効果もある
  • 肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を促してくれる
  • 肌のくすみやシミを防ぐ

抑毛クリームは化粧品と同じで、高価なものほど高品質で抑毛成分の濃度が濃くなっています。

ただし、抑毛クリームは即効性がないし、個人差も大きいというデメリットがあります。

顔の毛が薄くなってきたと実感できるまで、早い人でも1ヶ月くらい、遅いと半年かかってしまう人もいます。

もちろん、効果を実感できない人もいますね。

早く効果を出したいなら、市販の抑毛クリームよりも高品質で効果的な抑毛クリームがオススメです。

女性向け抑毛クリームおすすめランキング
顔の産毛や鼻の下のヒゲが気になるけど、剃るとシミが濃くなるし・・・。 そんな悩みを解決してくれるのが「抑毛クリーム」です。 塗るだけ簡単!今までカミソリや毛抜きで処理してたのがバカらしくなるくらい簡単です。 抑毛クリームの...

顔の毛を薄くする方法その3:脱毛する

  • 半年もかけて生活改善なんてやってられない!
  • 抑毛クリームを使っても顔の毛が薄くならない!

そんなスグにでも顔の毛を薄くしたい人は、サロンやクリニックでの脱毛がオススメです。

サロンやクリニックは全身脱毛だけでなく、お得な価格の脱毛コースがパックで用意されていたり、お財布に優しい月額制のプランもあります。

顔の毛が濃い原因は、遺伝で毛穴が多い可能性も考えられます。

特に毛の濃さは両親だけでなく祖父母からも遺伝することがあります。

「顔の毛を薄くしたい!」と思っても、遺伝で毛穴が多いと生活習慣の改善や抑毛クリームの使用を半年続けても効果がありません。

「スグに効果を出したい」「顔の毛の処理が面倒くさい、もうしたくない!」という人は脱毛が向いています。

ちなみにクリニックで行う永久脱毛なら、サロンの光脱毛よりも毛を細くできて生えにくくもなります。

顔の産毛が薄くなったと実感できるまでの時間は?

どのくらいの期間で顔の産毛が薄くなったと実感できるのか気になりますよね。

実際にどのくらいの期間が必要なのかというと、個人差はあるにせよ長期的に考えた方が良さそうです。

年齢や肌の状況にも大きく左右されるものの、抑毛クリームを使った場合は1ヶ月くらいでガクンと実感できたという声が多いですね。

また、生活習慣を意識した場合は、抑毛クリームよりも時間がかかるものの、3ヶ月~半年くらいで「あれ?」と違いを感じる人が多いです。

実際に私も顔の毛を薄くするために生活習慣を見直して約4ヶ月、抑毛クリームだけを使ったら3週間~1ヶ月くらいで「変わった!」と実感できました。

手っ取り早く顔の毛を薄くしたいと焦る気持ちはわかりますが、残念ながら顔の毛は成長しきって抜けて新しい毛が生えてくる周期があります。

この周期の感覚は人それぞれ違うもので、だいたい2~3ヶ月くらいだと考えられています。

顔の毛を薄くする対策は、毛の生え変わる周期を買えたり、根本的に生活環境を整える対策になるので、短期間で一気にというのは難しいのです。

もし、一刻も速く顔の毛を薄くしたいと思うなら、抑毛クリームを1ヶ月を目処に使ってみると良さそうですね。

女性の産毛処理メニュー