女性なのに顔の産毛が濃い原因は男性ホルモンの増加が原因

女性なのに顔の産毛が濃いと悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

  • 顔の産毛を剃っても次々と生えてくる
  • 産毛よりも硬いムダ毛が生えてきた
  • 鼻の下や顎の部分にもヒゲが生えている

このような悩みを抱えている女性は以外と多く、一年中ずっと他人の目に触れる顔の産毛やヒゲが気になる気持ちも分かりますよ。

女性なのに顔の産毛が濃い原因は、ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが増加したからです。

ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンの働きが強く出ている

女性は加齢によりホルモンバランスが乱れやすくなります。

ホルモンバランスが乱れると男性ホルモンの働きが強く出やすくなります。

特に45歳~55歳あたりに発症する「更年期」は、産毛が濃くなる原因の1つです。

更年期の女性は男性ホルモンの働きが優位となり、今までは顔に産毛程度しかなった体毛が、ヒゲがみえるくらい太くなります。

そもそも女性の体は、2種類の女性ホルモンの働きによって体毛は薄くなります。

  • エストロゲン(卵胞ホルモン):髪の毛や肌の潤いを保ち女性らしい丸みを帯びた体を作るホルモン
  • プロゲステロン(黄体ホルモン):受精卵が子宮内膜に着床しやすい状態を作り、妊娠を助ける働きをするホルモン

エストロゲンとプロゲステロンが上手くバランスを保ち、女性の体をコントロールしています。

しかし、女性は20代をピークに30~40代と年齢を重ねるにつれて、女性ホルモンが減少していきます。

女性ホルモンが減少すると、男性ホルモンの働きが活発になり、以下のような症状が引き起こされやすくなります。

  • 産毛やヒゲが生えて体毛が濃くなる
  • 攻撃的な性格になる
  • 顎にニキビや吹き出物が形成される

女性なのに顔の産毛が濃いのは、身体における自然現象だと言えるでしょう。

日々の生活でストレスを抱えている

女性ホルモンの減少が始まっていない20代~30代の女性は、日々の生活でストレスを抱え込んでしまい、ホルモンバランスを崩して産毛が濃くなる傾向にあります。

  • アレルギーや細菌・花粉などの生物学的なストレス
  • 家族や友達・上司・部下など人間関係のストレス
  • タバコの副流煙や空気汚染・騒音などの化学的ストレス
  • 季節の変化や気温の上下・気圧の変化などの物理的なストレス

私達が生きていく中で、何かしらのストレスを感じるのは普通です。

大切なのはストレスを受けて上手く発散できるかどうか。

ストレスを発散できないと、脳がダイレクトに影響を受けてしまい、ホルモンバランスが崩れていきます。

ストレスと上手に付き合いながら、上手く解消できる方法をいくつか持っておくのが良いでしょう。

食生活が偏っている

  • 食事の時間が毎日バラバラで決まっていない
  • インスタント食品や外食・出来合いのお惣菜ばかり食べている
  • 野菜や魚を食べずに「肉類や乳製品」を食べることが多い
  • 身体の中に摂り入れている栄養素が偏っている

このような食生活をしていませんか?

偏った食生活はホルモンバランスが崩れやすく、男性ホルモンが増加する原因です。

特に動物性脂肪や糖質の過剰摂取は、女性の産毛が濃くなりやすいです。

日頃から意識して、野菜類や魚類を食べて食事のバランスに気を配りましょう。

睡眠不足が続いている

睡眠不足が続くと簡単にホルモンバランスが崩れやすくなります。

  • 睡眠時間が減少して疲れが溜まっている
  • 仕事やプライベートの遊びが忙しくて睡眠時間が減っている
  • 夜更かししている
  • 単純に睡眠時間が短い

という方は特に注意しなければなりません。

女性ホルモンの分泌は脳が深く眠っているノンレム睡眠の時に活発になりやすい特徴があります。

ノンレム睡眠の時間が短くなると、女性ホルモンが男性ホルモンを抑える力が弱くなります。

それだけでなく、同時に自律神経が乱れて男性ホルモンが活発に働くというメカニズムで、女性の産毛が濃くなっていきます。

睡眠の質を高めるためにも、寝具やパジャマにこだわったり、アロマや睡眠音楽を購入して、リラックスしながら夜を過ごしてみてください。

女性の産毛処理メニュー