女性のひげ脱毛なら医療脱毛(レーザー)と光脱毛どっちがおすすめ?


 

  • 鏡を見ると鼻下や口の周りにヒゲやムダ毛が
  • 毎日お手入れするのは面倒、だけど放っておくと口の周りが黒く見える。
  • 頻繁に処理すると皮膚のメラニンが増えて色素沈着しちゃうし・・・
  • 産毛が濃くて剃ると青ひげになるし・・・

 

などなど、女性で口周りのヒゲ(産毛)に悩んでいる人にオススメなのが脱毛です。

脱毛すれば自己処理の必要がなくなるので、色素沈着や青ひげが改善されます。

女性のひげ脱毛の方法は、クリニックで行う「医療レーザー脱毛」とエステサロンで行う「光脱毛」があります。

でも、今は金銭的にも時間的にも余裕がないから、効果が薄い方法に挑戦するゆとりはないですよね。

どちらの方法が適しているのか、一度の処理で本当に生えてこなくなるのか気になる方も多いはず。

そこで、女性のひげ脱毛にはどちらの方法が適しているか、医療脱毛と光脱毛の違い、料金やメリットデメリットの点から徹底的に調査しました。

女性のひげ脱毛の方法【医療脱毛(レーザー)と光脱毛の違い】

 医療脱毛(レーザー)光脱毛
脱毛効果◎(高い)△(低い)
脱毛の痛み非常に痛い
(太い輪ゴムで弾かれるような痛み)
痛みは少ない
(小さな輪ゴムで弾かれるような痛み)

医療脱毛(レーザー)と光脱毛の違いは、ヒゲに当てる光の強さです。

実は医療レーザー脱毛も光脱毛も仕組みは同じで、毛根に強い光を当ててヒゲを育てる細胞を破壊して脱毛します。

毛根に当てる光が強ければ強いほど、ヒゲ脱毛の威力も強くなります。

ただし、医療レーザー脱毛は威力が強い=取扱が難しいため、クリニックや専門の医療機関でしか施術を行っていません。

一方で光脱毛は威力が弱い=誰でも取り扱うことができるため、エステサロンや脱毛クリニックで施術することができます。

女性のひげ脱毛の回数

医療脱毛(レーザー)と光脱毛で気になるのが回数ごとの効果の感じ方。

女性の鼻下のヒゲ脱毛の回数は、ワキやVラインなどと違って個人差は少ないのが特徴です。

医療脱毛(レーザー)の場合と光脱毛の回数をまとめてみました。

医療脱毛(レーザー)の回数

脱毛の回数脱毛の効果
1~2回効果の実感度は高い
(生えてくるペースが明らかに違う)
3~5回自宅での処理が楽になる
6~8回ひげが生えてこなくなる

医療脱毛(レーザー)は、1回目からはっきりとした効果を実感できます。

痛みはありますが、とにかく効果が早いのが特徴です。

3~5回目の医療脱毛では、自己処理する回数がかなり減っていることが実感できます。

流石に医療脱毛を6~8回続けるまでは、多少はヒゲが生えてきます。

でも、最終的には自己処理不要の永久脱毛できます。

光脱毛の回数

脱毛の回数脱毛の効果
1~3回効果を感じられない
4~8回自宅での処理が楽になる
10~12回ひげが目立たなくなる

エステサロンや脱毛クリニックの光脱毛は、効果を実感できるまでの時間が長いです。

その代り痛みをほとんど感じません。

通っていればいつの間にかヒゲや産毛が目立たなくなります。

通う回数は多いですが、ムダ毛処理の手間は減ってきますよ。

女性のひげ脱毛にかかる料金

 医療脱毛(レーザー)光脱毛
1回の料金約5,000~6,000円約2,000~3,000円
回数平均6~8回平均12~18回
合計金額例:5,000円×8回
=40,000円
例:2,000円×18回
=36,000円

一般的に医療脱毛(レーザー)の方が光脱毛よりも高額です。

ただし、女性のひげ脱毛や鼻下脱毛の場合、医療レーザー脱毛と光脱毛の料金の差はありません。

もちろん、医療レーザー脱毛の方が1回あたりの料金は高いですよ。

でも、脱毛完了までの回数を「医療レーザー脱毛」と「光脱毛」で比べてみると、医療レーザー脱毛の方が回数が少ないため、結果的に光脱毛と料金は変わりません。

ちなみに、光脱毛で女性のヒゲや鼻下の産毛を脱毛する場合、10回以上通っても効果が実感できない人もいます。

そう考えると、お金を無駄にしないためにも、確実に効果が出る医療レーザー脱毛の方が良いですよね。

女性のひげ脱毛の「肌への影響」

脱毛をためらう一番のポイントは、肌への影響ではないでしょうか。

脱毛した後、肌に何かあったら怖いと思いますよね。

特に口周りのヒゲや鼻下は、他の部位と違ってデリケートな部分。

ひと目にも付きやすいし、皮膚が薄いから万が一にも傷や跡が残ったらと思うと不安ですよね。

実際、医療レーザー脱毛で肌トラブルがおきたという口コミを見かけます。

でも、肌トラブルをその場でしっかりとケアすれば、跡が残ることはありません。

大切なのは、万が一何かあった時のフォロー体制がどれだけ整っているかですね。

光脱毛は照射後の炎症を抑えるクリームが処方されるし、医療機関と提携しているサロンもあります。

医療レーザー脱毛の場合は、脱毛する場所がクリニック(医療機関)なので、何かあった場合はその場でケアしてもらえます。

保湿クリームや炎症を抑える軟膏なども処方されるし、問題が発生した場合はスグにその場で治療できるので安心です。

医療レーザー脱毛も光脱毛も、医療機関と提携していて、アフターケアもしてくれるところを選ぶことが大切です。

女性のひげ脱毛のメリット・デメリット

女性のひげ脱毛のメリットとデメリットをまとめてみました。

【デメリット】

  • それなりの料金がかかる
  • 施術による副作用や肌トラブル
  • 脱毛回数が多いため通う時間が必要
  • 施術後のアフターケアが手間になる

【メリット】

  • 毛穴が引き締まって凸凹が少なくなる
  • 肌の明るさがワントーンUPする
  • 透明感のある肌になる
  • カミソリや毛抜きを使った自己処理による色素沈着が改善する
  • ヒゲが濃くならない・青くならない
  • ムダ毛処理の時間がなくなり、ストレスが減る
  • 自分の顔に自信を持てるようになる
  • 産毛が無くなるから、ファンデーションがスッと馴染みやすくなる
  • 化粧のりが良くなる
  • 顔全体がスッキリと明るくなる

女性のひげ脱毛ができる「医療クリニック」と「脱毛サロン」

女性のひげ脱毛ができる「医療クリニック(医療レーザー脱毛)」と「脱毛サロン(光脱毛)」をランキングでご紹介。

医療レーザー脱毛ができるクリニック

湘南美容外科クリニック
湘南美容外科クリニック
  • 回数も少なく、大手のため手ごろな金額で脱毛が出来る
  • 医療機関で資格を持ったスタッフが行うので安心
  • 安心返金保障システムあり
  • 学割、家族割なども豊富
  • トライアル価格は1回3,980円でお試し可能
医療法人社団美実会(アリシアクリニック)
アリシアクリニック
  • 医療レーザー脱毛でエステ脱毛並みの低価格
  • 「痛み」についても、極力抑えられる最新のマシーンを使用
  • クリニックならではの脱毛効果を実感できる
  • 女性のひげ脱毛は5回で16,500円
  • 脱毛し放題コース(31,680円)も必見です

光脱毛ができるエステサロン(

ミュゼプラチナム
  • 安価な料金で脱毛回数無制限コースがお得!
  • ヒゲやSパーツ、全身と様々な組み合わせで脱毛できる
  • サロンだから安心して通い続けられると評判
KIREIMO-キレイモ-
  • 月額9,500円でヒゲを含む33箇所が全て脱毛可能
  • ヒゲだけでなく他の部位も一緒に脱毛したい人にオススメ
  • 月額制以外に回数制パックプランもあります
脱毛ラボ
  • 全国規模の出店規模を誇る成長率No1の脱毛サロン
  • 全身脱毛・部位脱毛・単発脱毛から自分に合ったコースが選べる
  • 日本一芸能人の来店数を多く誇る脱毛サロン

女性のひげ対策メニュー