女性の顔そり頻度は3週間に1度がベスト

顔剃りはお肌に負担がかかるから、どのくらいの頻度で行えば良いか気になりますよね。

特に口周りの産毛が濃い女性は、伸びてきたら気になって剃りたくなる気持ちもわかります。

気になる顔剃りの頻度は3週間に1度がベストです。

女性の顔そり頻度は3週間に1度がベストな理由

女性の顔そり頻度はズバリ3週間(21日)に1度がベスト。

理由は肌のターンオーバーにあります。

ターンオーバーの理想の周期は28日間(4週間)なので、顔そりはターンオーバーの1週間前、つまり3週間(21日)で行えば、余計な角質が取り除かれて新しい角質層が生まれ変わることができます。

また、必要以上に顔そりをし過ぎると、逆に肌を傷つけてしまう恐れがあります。

最低でも2週間(14日間)は空けてから、顔そりを行うのが良いでしょう。

ついつい忙しくて、前回いつ顔そりをしたのか忘れがちな人は、カレンダーやスケジュール帳(スマホのアプリなど)に印を付けておけば安心ですよ。

口周りだけなら「週に1度」でもOK

口周りの産毛が気になる女性は、1週間に1度の頻度を目安にお手入れをするのも良いでしょう。

お手入れをする際は、小回りが効くI字型の清潔なカミソリを用意してください。

口の周りに蒸しタオルを当て、乳液やクリームを塗って毛を柔らかくしてから優しく剃ってください。

入浴後の毛穴の開いた状態でお手入れするのも良いでしょう。

ただし、口周りの産毛が気になるからといって、毎日のように顔そりすると、肌への負担が加速します。

また、口の周りや眉周辺など、顔のパーツによって産毛が伸びる具合は様々です。

産毛の濃さにも個人差があるので、正しい頻度を知った上で、部分的に自己処理することをオススメします。

生理が終わった後の顔そりがオススメ

生理の直前や生理中は、肌が敏感でカミソリ負けしやすい時期です。

顔そりは、生理が終わって何日か経った後で、肌の調子が良い時にするのがオススメです。

もちろん、肌荒れを起こしている時や体調不良時も顔そりはNGです。

なるべく肌に負担をかけないように、肌の調子が良い時に行いましょう。

デリケートな顔そりはプロに任せよう!

日常の習慣として顔そりをしている人も多いですが、実は頻度だけでなく「やり方」も気をつける必要があります。

お肌のキメや産毛の生え方、お肌のコンディションなど、自分だけでは気付くことができないポイントが沢山。

だって、お顔そりをできるのは国家資格を持った理容師のみができる施術ですからね~。

簡単そうに見えて素人が手を出すと、返って肌を傷つけてしまうんです。

「毎日忙しいけど、身だしなみとして顔の産毛はちゃんと処理したい!」

と思っているなら、思い切って「顔脱毛」に手を出してみるのも手ですよ。

顔は体の他の部位に比べて皮膚が薄いから、とてもデリケートな箇所なんですよね。

下手に自己処理で頻度を重ねていると、知らず知らずのうちに肌を痛めてしまいます。

肌に傷がつくと、色素沈着して肌にダメージを与えてしまったり、毛の断面が目立って段々と濃くなり、毛が青く見えるようになります。

それなら、プロに任せて肌を綺麗にしてもらった方が安心ですよね。

顔脱毛なら「ミュゼプラチナム」がオススメです。

ミュゼプラチナムの施術スタッフは技術力が高く、施術に痛みを伴いません。

ミュゼプラチナムは予約がとりやすいから、仕事で忙しいモデルさんやタレントさんも通っています。

今なら無料で「ハンド脱毛体験」と「カウンセリング」を実施中です。

興味がある人はミュゼプラチナムの公式サイトをチェックしてみてください。

ミュゼプラチナの公式サイトはこちら>>

顔そり頻度が多すぎるとどうなるのか?

顔そり頻度が多すぎると、以下の問題が現れます。

産毛が濃くなる

産毛を剃りすぎると、毛が濃く見えるようになります。

剃った毛が途中で切断されて、毛の断面積が大きくなるからです。

決して毛自体が太くなるわけではありません。

また、「毛穴の広がり」と「色素沈着」も考えられます。

顔そりの頻度が多いと、皮膚の角質層まで削りとってしまい、肌に大きなダメージが残ります。

ダメージを受けた肌は毛穴が広がり、色素沈着を招くので、顔そりの頻度を重ねると余計に毛が濃く見えてしまうのです。

肌が傷つきニキビや吹き出物が出やすくなる

顔そりの頻度が多いと、肌が傷ついてニキビや吹き出物が出やすくなります。

理由は皮膚の角質層まで削り取ってしまうことで、肌が荒れて潤いが失われるからです。

綺麗な肌になりたい!と思って顔そりしているのに、頻度が多すぎると本末転倒になるのでご注意を!

毛嚢炎になる恐れがある

毛穴の奥にある毛包に細菌が入ると、毛嚢炎(もうのうえん)の症状が発症します。

毛嚢炎を発症する恐れがある行為は以下の通りです。

  • 不潔なカミソリを使って処理している
  • 顔そりの頻度が多い

とはいえ、顔そりは3週間に1回の頻度をしっかりと守っていれば、毛嚢炎になることはないでしょう。

まとめ

お顔そりは、産毛処理だけでなく「角質除去の効果」もあるので、お肌に透明感を与えることができます。

古い角質を取り除いた後の肌は、まるで「むき卵」のようなツルツル感。

肌の透明感もUPするので、化粧水や美容液が角質層にグングン入ります。

お化粧のりも良くなり、メイクが崩れにくくなります。

お顔そりは良いこと尽くし!

頻度を守って是非一度チャレンジしてみてくださいね。

女性のひげ対策メニュー