女性なのにあごヒゲが1本生える原因は「女性ホルモンの働きの低下」

  • ある日、鏡をみたら「あごヒゲ」が1本だけ生えているっ!!
  • あごヒゲを抜いたけど、何度も生えてくる・・・
  • 美しさを追い求めている女性にとって「あごにヒゲが生えてくる」なんて、悩ましい問題ですよね。

    1本の太いあごヒゲは抜くだけで解決しますが、再び何度もあごヒゲが生えてくる場合は、身体の中で女性ホルモンの働きが低下しているサインです!

    あごヒゲが1本生える原因は女性ホルモンの働きの低下

    女性なのにあごヒゲが1本だけ生えてくる原因は、女性ホルモンの働きが低下しているからです。

    女性の体の仕組みは「女性ホルモン」と「男性ホルモン」を持ち合わせています。

    女性ホルモンが正常に働いている時は、男性ホルモンの働きが抑えられ、体毛が薄く柔らかいものとなります。

    でも、女性ホルモンの働きが低下してくると、男性ホルモンが活発に働き始め、男性のような太くて硬いヒゲが生えてきます。

    つまり、男性ホルモンが影響して、女性が男性のようになってしまうと、あごにヒゲが1本だけ生えてくるんです。

    また、女性ホルモンのバランスが崩れたのを放って置くと、自律神経まで影響し、酷い場合は鬱状態になってしまうことも・・・。

    もし、女性なのにあごヒゲが1本だけ何度も生えてくる場合、女性ホルモンがバランスを崩しているサインだと思ってください。

    私もあごヒゲが1本だけ生えてきて、いつも毛抜で抜いて処理していました。

    そのうち濃くなってきてしまい、どうしようかな~と悩んでいた時に見つけたのが「女性ホルモンのバランスを整えるクリーム」です。

    女性ホルモンのバランスを整えるクリームについて、もっと詳しくみる

    手軽に「あごヒゲ対策」するなら抑毛クリームがおすすめ

    女性ホルモンのバランスを整えるには、大豆成分(イソフラボン)を摂取するのが良いでしょう。

    大豆イソフラボンは、女性ホルモン「エストロゲン」と似た化学構造と働きをすることがわかり、脚光を浴びています。

    エストロゲンは体毛を薄くする役割、つまり抑毛効果を持っています。

    この抑毛効果に着目して開発されたのが抑毛クリームです。

    抑毛クリームは、肌への負担なく毛を薄くすることができるので、敏感肌の人でも全身に使うことができます。

    それに比べて、「脱毛クリーム」や「除毛クリーム」などは、毛を溶かすほどの強力な薬剤なので、肌への負担も大きくなってしまいます。

    特に、皮膚が敏感な顔は、万一の肌トラブルを考えるとムダ毛処理の方法も悩んでしまいますよね。

    肌が荒れやすい敏感な部分にも使えるのが、抑毛クリームの強みです。

    また、抑毛クリームは塗るだけで毛穴に浸透します。

    洗い流す必要もないので手間も掛かりません。

    忙しい毎日の中でも気軽にスキンケアに取り入れることができるのも人気の理由です。

    私も、あごヒゲが1本だけ生えてくるから、何とかしたいと思っていたんですよね。

    そこで、試しに抑毛クリームを1ヶ月使ってみました。

    確かに産毛がほんのりと薄くなってきたし、なによりも化粧ノリがよくなり、お肌もワントーン明るくなった感じがします!

    肝心の1本だけ生えてくる「あごヒゲ」ですが、抑毛クリームを使ってからは一度も見かけていません。

    ちなみに、私が使っている抑毛クリームは「NOISU(ノイス)」です。

    ノイスには3つの大豆成分(イソフラボン、黒ダイズエキス、進化したイソフラボン「エクオール」)が配合されています。

    女性ホルモンのバランスを整え、あごヒゲの原因を根本から対策してくれる抑毛クリームです。

    もちろん、ノイスは継続しないと効果が出にくいというデメリットもあります。

    でも、今だけ無期限の金額永久返金保証があるから、ノイスが気になる人は試しに使ってみても良いかもしれませんね。

    ただし、ノイスは全国的に予想を遥かに上回る売れ行きで、工場の生産が全く追いついていないため、入荷してもスグ売切れになります。

    予約が出来ない商品となっております上に、次回入荷はいつになるか分かりません。

    ノイスがちょっとでも欲しいなと思ったら、公式サイトを是非チェックしてみてくださいね。

    ノイスの公式サイトはこちら
    ※今なら無期限の全額返金保証付きです

    その他に考えられる原因

    女性ホルモンの働きの低下だけでなく「加齢」や「生活習慣の乱れ」が影響している可能性も考えられます。

    加齢による影響

    あごに太いヒゲが1本生え始めるまでは、何事もなく過ごしていた女性も多いはず。

    実は加齢による影響も考えられます。

    女性は歳を重ねるに連れて、女性ホルモンの働きが低下していきます。

    いわゆる「更年期」です。

    日本人女性の場合、40代に入ると約5%の女性に生理不順がみられるようになり、45歳くらいから閉経する人が出始めます。 日本人の平均閉経年齢は50歳ですから、45歳~55歳あたりが更年期にあたるといえるでしょう。
    参考URL:関西の専門医が語る ドクター’s コラム 更年期症状と更年期障害

    女性の方は太いヒゲが生えてしまうことを恥ずかしいと思い、必死に処理しながら証拠隠滅する気持ちもわかります。

    加齢によるものと諦める前に、女性ホルモンのバランスを整える対策を行いましょう。

    生活習慣の乱れによる影響

    働き方改革と言われてはいるものの、女性の労働者でも男性と同様の労働意欲や労働時間の拘束が求められる時代。

    最近は女性の男性化が進みつつあります。

  • 過酷な労働環境によるストレス
  • コンビニ飯やファーストフード
  • 化学調味料がてんこもりの即席食品
  • 外食で食事を済ませる
  • 世の中が便利になった反面、体へ悪い影響が出たり、生活習慣が乱れやすくなりました。

    過去5年間のデータを見ても、ホルモンバランスが崩れがちな女性がたくさんいます。
    (参考データ:働く女性の実情|厚生労働省)

    女性のひげ対策メニュー